離散数学 (全52問中46問目)

No.46

ゼロでない整数の10進表示のけた数Dと2進表示のけた数Bとの関係を表す式はどれか。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H15秋期 問2
  • 基本情報技術者 H19春期 問2

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 離散数学

正解

解説

2進表示で「2B」と10進表示で「10D」の間には次の関係があります。

 10D=2B
 (両辺の対数をとる)
 log1010D=log102B
 Dlog1010=Blog102
 (log1010=1)
 D=Blog102

したがって2進表示でBけたになる数値は、10進表示でBlog102けたになります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop