情報に関する理論 (全37問中25問目)

No.25

式a+b×c の逆ポーランド表記法による表現として,正しいものはどれか。

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 情報に関する理論

正解

解説

逆ポーランド表記法は、後置記法ともいい、「A+B」→「AB+」のように演算子を被演算子の右側に記述する表記法です。
変換するときは通常の四則演算と同様に、「×÷」→「+−」の順番で置き換えていきます。

まず乗算の部分を変換します。

 a+b×c → a+bc×

そして「bc×」を1つの項とみなしてaとの加算部分を変換します。

 a+bc× → abc×+
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop