コミュニケーションマネジメント (全4問中4問目)

No.4

グラフの使い方のうち,適切なものはどれか。
  • 企業の財務評価などで,複数の特性間のバランスを把握するために,円グラフを使用する。
  • 商品価格の最高値と最安値など,ある期間内に幅のある数値を時系列で表現するために,浮動棒グラフを使用する。
  • 全支社の商品ごとの売上高の比率など,二つ以上の関連する要素の比率の変化を比較するために,積上げ棒グラフを使用する。
  • 年度ごとの売上高の内訳の推移など,要素の変化と要素の合計の変化を比較するために,帯グラフを使用する。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » コミュニケーションマネジメント

正解

解説

  • レーダチャートを使用するのが適切なケースです。
  • 正しい。
  • 帯グラフを使用するのが適切なケースです。
  • 積上げ棒グラフを使用するのが適切なケースです。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop