資源マネジメント (全9問中5問目)

No.5

ソフトウェアの開発規模と開発工数の関係を示すグラフはどれか。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H13秋期 問56
  • ソフトウェア開発技術者 H19秋期 問48

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » 資源マネジメント

正解

解説

開発規模が増えるほど開発にかかわる要員が増え、情報の伝達や要員の管理に多くの時間がかかるようになるため、一般的にソフトウェアは開発規模の拡大に伴って、開発工数が指数関数的に増大すると言われています。
規模が大きくなるにつれて工数が際限なく上昇していくというこの関係を表しているのが「エ」のグラフになります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop