タイムマネジメント (全38問中15問目)

No.15

スコープを縮小せずにプロジェクト全体のスケジュールを短縮する技法の一つである"クラッシング"では,メンバの時間外勤務を増やしたり,業務内容に精通したメンバを新たに増員したりする。"クラッシング"を行う際に,優先的に資源を投入すべきスケジュールアクティビティはどれか。
  • 業務の難易度が最も高いスケジュールアクティビティ
  • クリティカルパス上のスケジュールアクティビティ
  • 資源が確保できる時期に開始するスケジュールアクティビティ
  • 所要期間を最も長く必要とするスケジュールアクティビティ
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H28春期 問53

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » タイムマネジメント

正解

解説

クラッシングは、プロジェクトのスコープを変更せずにコストを追加投入することでプロジェクト全体のスケジュールを短縮させる方法です。

プロジェクト全体のスケジュール全体を短縮するためには、クリティカルパス上の作業を短縮しなければならないため適切な記述は「イ」です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop