タイムマネジメント (全38問中25問目)

No.25

表は,あるプロジェクトの日程管理表であり,図は,各作業の工程と標準日数を表している。このプロジェクトの完了日程を3日間短縮するためには,追加費用は最低何万円必要か。
51.gif/image-size:412×116

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » タイムマネジメント

正解

解説

まずクリティカルパスを求めます。
このプロジェクト3つのパス(工程の流れ)があります。それぞれの完了日数を図から求めると、
  • A(5日)→C(6日)=11日
  • A(5日)→D(3日)→E(5日)=13日
  • B(10日)→E(5日)=15日
というようになり、クリティカルパスは「B→E」、最短完了日数は15日であることがわかります。またクリティカルパスではありませんが、「A→D→E」の完了が最短完了日数よりも2日だけ前なので、最短完了日数を3日短縮するには「A→D→E」についても1日分作業を短縮させなくてはいけないことがわかります。

次にクリティカルパスである「B→E」を3日短縮します。作業BまたはEのどちらを短縮するかですが、短縮による追加費用を最小限に抑えたいので、より追加費用が低い作業Bを3日間短縮(10日→7日)します。これにより追加費用(3×3=)9万円が発生し、「B→E」の完了日数は12日になります。

最後に「A→D→E」を1日分だけ短縮します。作業A, D, Eのうち発生する追加費用が最も低いのは作業Aであるのでこれを1日短縮(5日→4日)します。これにより追加費用(2×1=)2万円が発生し、「A→D→E」の完了日数も12日になります。

これでプロジェクト全体の完了日数を当初より3日短い12日にすることができます。したがって発生する最低限の追加費用は、9+2=11万円になります。
51a.gif/image-size:124×108
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop