タイムマネジメント (全38問中27問目)

No.27

あるプログラムの設計から結合テストまでの開発工程ごとの見積工数を表1に示す。また,この間の開発工程ごとの上級SEと初級SEの要員割当てを表2に示す。上級SEは,初級SEに比べて,プログラム作成・単体テストについて2倍の能力を有する。表1の見積工数は,上級SEの能力を基にしている。
 すベての開発工程で,上級SEを1人追加して割り当てると,この間の開発工程の期間を何か月短縮できるか。ここで,開発工程は重複させないものとし,要員全員が1カ月当たり1人月の工数を投入するものとする。
52.gif/image-size:416×168
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H27春期 問53
  • ソフトウェア開発技術者 H15春期 問58

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » タイムマネジメント

正解

解説

追加要員を加える前と後で、各工程ごとに作業完了に要する期間を求めて比較します。プログラム作成・単体テスト工程において「初級SEは上級SEの半分の生産性である」という条件に従い、初級SEの1人を0.5人として計算します。

[要員追加前]
設計…6÷2=3か月
プログラム作成・単体テスト…12÷{2+(0.5×2)}=12÷3=4か月
結合テスト…12÷2=6か月

要員の追加前は、3+4+6=13カ月の開発期間です。

[上級SE1人追加後]
設計…6÷3=2か月
プログラム作成・単体テスト…12÷{3+(0.5×2)}=12÷4=3か月
結合テスト…12÷3=4か月

要員の追加後は、2+3+4=9カ月の開発期間です。

したがって、各工程に上級SEを1人追加することで(13−9=)4カ月の期間短縮ができることになります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop