コストマネジメント (全16問中12問目)

No.12

ファンクションポイント法の説明として,適切なものはどれか。
  • 開発規模,難易度及び開発の特性による要因を考慮し,工数やコストを見積もる手法である。
  • 開発するすべてのプログラム・モジュールの行数を算定し,それを基にシステムの開発規模や所要資源を見積もる手法である。
  • システム開発の工数を細かい作業に分割し,分割された個々の作業を詳細に見積り,これを積み上げて,全体の開発規模や所要工数を見積もる手法である。
  • システムの外部仕様の情報からそのシステムの機能の量を算定し,それを基にシステムの開発規模を見積もる手法である。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H15春期 問56

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » コストマネジメント

正解

解説

ファンクションポイント法は、ソフトウェアの見積りにおいて、外部入出力や内部ファイルの数と難易度の高さから論理的にファンクションポイントを算出し、開発規模を見積もる手法です。
  • ソフトウェアの規模を入力値として工数を見積もるCOCOMOの説明です。
  • プログラムステップ法の説明です。
  • 標準値法(標準タスク法)の説明です。
  • 正しい。ファンクションポイント法の説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop