サービスマネジメントプロセス (全22問中14問目)

No.14

ITサービスマネジメントの可用性管理のKPIとして用いるものはどれか。
  • 災害を想定した復旧テストの回数
  • サービスの中断回数
  • 性能不足に起因するインシデントの数
  • 目標を達成できなかったSLAの項目数
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H27春期 問55
  • 応用情報技術者 H29春期 問55

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスマネジメントプロセス

正解

解説

可用性管理は、ITサービスが必要な時に必要なだけ提供できるように管理を行うプロセスです。
KPI(Key Performance Indicator,重要業績評価指標)は、企業目標やビジネス戦略を実現するために、設定したビジネスプロセスの実施状況をモニタリングするために設定される指標のことなので「サービスの中断回数」の増減がKPIとして適切となります。
  • ITサービス継続性管理のKPIとして用いられる指標です。
  • 正しい。可用性管理のKPIとして用いられる指標です。
  • キャパシティ管理のKPIとして用いられる指標です。
  • サービスレベル管理のKPIとして用いられる指標です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop