サービスの運用 (全18問中5問目)

No.5

ディスク障害時に,交換したディスクにフルバックアップを取得したテープからデータを復元した後,フルバックアップ取得時以降の更新後コピーをログから反映させてデータベースを回復する方法はどれか。
  • チェックポイントリスタート
  • リブート
  • ロールバック
  • ロールフォワード
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H15春期 問57

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスの運用

正解

解説

ロールフォワードは、前進復帰と訳され、データベースシステムに障害が起こったときに、更新後ログを用いて今まで処理したトランザクションを再現し、システム障害直前までデータベース情報を復帰させる処理です。

ディスクの媒体障害が発生した際には、新しいディスクに入れ替えた後にフルバックアップデータからデータを復元し、続いてバックアップ時点から障害発生時点までのトランザクションの内容をロールフォワード処理でデータベースに適用します。
  • チェックポイントリスタートは、トランザクション異常やプログラムの処理中に発生した障害から復帰するときに、直前のチェックポイントまで戻ってから再開する方法です。
  • リブートは、システム障害などから回復するためにマシン再起動することです。
  • ロールバックは、トランザクションの途中、プログラムのバグなどでアプリケーションが強制終了した場合に、更新前ログを用いてデータベースをトランザクション開始直前の状態に戻す処理です。
  • 正しい。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop