システム監査 (全47問中14問目)

No.14

システム監査人が,予備調査において実施する作業として,"システム監査基準"に照らして適切なものはどれか。
  • 監査テーマに基づいて,監査項目を設定し,監査手続を策定し,個別監査計画書に記載する。
  • 経営トップにヒアリングを行い,経営戦略・方針,現在抱えている問題についての認識を確認し,監査テーマを設定する。
  • 個別監査計画を策定するために,監査スケジュールについて被監査部門と調整を図る。
  • 被監査部門から事前に入手した資料を閲覧し,監査対象の実態を明確に把握する。

分類

マネジメント系 » システム監査 » システム監査

正解

解説

予備調査は、本調査の前に監査対象システムの概要を把握するために実施される調査です。
具体的には関連資料のレビューや簡易的なチェックリストの分析を通じて、監査対象システムの現状や潜在的問題点など本調査を効果的に行うための情報を収集します。予備調査の結果如何によっては本調査の計画が見直されることもあります。

したがって適切な記述は「エ」です。その他の選択肢は個別監査計画策定時の作業です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop