システム監査 (全47問中7問目)

No.7

システム監査人が監査報告書に記載する改善勧告に関する説明のうち,適切なものはどれか。
  • 改善の実現可能性は考慮せず,監査人が改善の必要があると判断した事項だけを記載する。
  • 監査証拠による裏付けの有無にかかわらず,監査人が改善の必要があると判断した事項を記載する。
  • 監査人が改善の必要があると判断した事項のうち,被監査部門の責任者が承認した事項だけを記載する。
  • 調査結果に事実誤認がないことを被監査部門に確認した上で,監査人が改善の必要があると判断した事項を記載する。

分類

マネジメント系 » システム監査 » システム監査

正解

解説

  • 実効力のある改善提案にするためには、被監査部門や関係部門との意見交換などによって妥当性と実現可能性を確認し、その上で監査報告書に記載することが望まれます。
  • 監査報告書の記載内容は、監査証拠に裏付けられた合理的な根拠に基づくものでなければなりません。
  • システム監査の結果としての改善勧告を取り入れるかどうかは経営層が判断すべき事項です。このため被監査部門に承認を受ける必要はありません。
  • 正しい。監査における事実誤認を排除するために、被監査部門や関係部門との意見交換を実施することが望まれます。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop