情報システム戦略 (全38問中18問目)

No.18

IT投資効果の評価に用いられる手法のうち,ROIによるものはどれか。
  • 一定期間のキャッシュフローを,時間的変化に割引率を設定して現在価値に換算した上で,キャッシュフローの合計値を求め,その大小で評価する。
  • キャッシュフロー上で初年度の投資によるキャッシュアウトフローが何年後に回収できるかによって評価する。
  • 金銭価値の時間的変化を考慮して,現在価値に換算されたキャッシュフローの一定期間の合計値がゼロとなるような割引率を求め,その大小で評価する。
  • 投資額を分母に,投資による収益を分子とした比率を算出し,投資に値するかどうかを評価する。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 情報システム戦略

正解

解説

ROI(Return on Investment,投下資本利益率)は、投資額に対してどれだけ経常利益を生み出しているかを見る尺度で、値が高いほど収益力が強いということになります。

ROIは次の式で算出されます。

 ROI=(利益/投資額)×100
  • 正味現在価値法の説明です。
  • 回収期間法の説明です。
  • IRR法の説明です。
  • 正しい。ROIによる評価です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop