業務プロセス (全7問中5問目)

No.5

業務プロセスを可視化する手法としてUMLを採用した場合の活用シーンはどれか。
  • データ中心にプロセスを表現するためにデータをエンティティとその属性で表し,エンティティ間の関連を図にする。
  • データの流れによってプロセスを表現するために,データの発生,吸収の場所,蓄積場所,データの処理をデータの流れを示す矢印でつないで表現する。
  • 複数の観点でプロセスを表現するために,目的に応じたモデル図法を使用し,オブジェクトモデリングのために標準化された記述ルールで表現する。
  • プロセスの機能を網羅的に表現するために,一つの要件に対し発生する事象を条件分岐の形式で記述する。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H26春期 問63
  • 基本情報技術者 H28春期 問64

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

UML(Unified Modeling Language)は、オブジェクト指向開発で用いられる標準表記法群で、オブジェクト間の関連や動作・構成を表現する13種の図表から構成されています。UML2.0の13の図法は表現する対象によって構造図,振る舞い図に分類することができます。
構造図
システムの静的な構造をモデルで表現する。
クラス図,コンポジット構造図,コンポーネント図,配置図,オブジェクト図,パッケージ図
振る舞い図
システムの振る舞いをモデルで表現する。
アクティビティ図,ユースケース図,シーケンス図,インタラクション概念図,コラボレーション図,タイミング図,ステートマシン図
  • E-R図の説明です。
  • DFD(Data Flow Diagram)の説明です。
  • 正しい。
  • ワークフローとしてビジネスプロセスをグラフィカルに記述するBPD(Business Process Diagram)の説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop