システム化計画 (全5問中5問目)

No.5

共通フレーム2007によれば,要件定義プロセスで行うべき作業はどれか。
  • 新しい業務のあり方や運用をまとめた上で,業務上実現すべき要件を定義する。
  • 企業で将来的に必要となる最上位の業務機能と組織モデルを検討する。
  • システム化機能の整理とネットワーク構成などのシステム方式を策定する。
  • システムが提供する信頼性,性能,セキュリティなどのサービスレベルを定義する。

分類

ストラテジ系 » システム企画 » システム化計画

正解

解説

共通フレーム2007によれば要件定義プロセスの目的は、「新たに構築する業務、システムの仕様を明確化し、それをベースにIT化範囲とその機能を具体的に明示することである。また、関連する組織及びシステムに対する制約条件を明確にし、定義された内容について取得者側の利害関係者間で合意することである。」と定義されています。
  • 正しい。
  • 企画プロセスにおけるシステム化構想の立案で行う作業です。
  • 開発プロセスにおけるシステム方式設計で行う作業です。
  • 開発プロセスにおけるシステム要件定義で行う作業です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop