経営戦略手法 (全27問中10問目)

No.10

ダイバーシティマネジメントの説明はどれか。
  • 従業員が仕事と生活の調和を図り,やりがいをもって業務に取り組み,組織の活力を向上させることである。
  • 性別や年齢,国籍などの面で従業員の多様性を尊重することによって,組織の活力を向上させることである。
  • 自ら設定した目標の達成を目指して従業員が主体的に業務に取り組み,その達成度に応じて評価が行われることである。
  • 労使双方が労働条件についての合意を形成し,協調して収益の増大を目指すことである。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

ダイバーシティ(Diversity)は、翻訳すると「多様性」の意味になります。
ダイバーシティマネジメントは、企業活動に人種や性別などの違いから生じる様々な価値観を取り込むことによって、新たな価値の創造や組織のパフォーマンス向上につなげようとする経営手法です。

企業活動において女性の活躍の場を拡大したり、障がい者・高齢者・若年者を積極的に雇用することなどがダイバーシティマネジメントの事例です。
  • ワークライフバランスの説明です。
  • 正しい。ダイバーシティマネジメントの説明です。
  • MBO(Management by Objectives,目標による管理)の説明です。
  • 労使協調の説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop