経営戦略手法 (全27問中19問目)

No.19

M&Aを説明したものはどれか。
  • 企業独自のノウハウや技術などによって競争優位を維持・強化できる分野に対して,資金と人材を集中的に投入する。
  • 自社の業務プロセスを改革する際に,他社のベストプラクティスと比較分析を行う。
  • 新規分野への進出や,事業の拡大,再編などのために,他社の経営資源を獲得し活用する。
  • それぞれの事業を,市場成長率と市場占有率のマトリックスによって分析し,経営資源の最適な配分を行う。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

M&A(Mergers and Acquisitions)は、合併と買収の略で、自社に吸収合併したり、他社の株式を多く取得し買収することで子会社化し、自社の経営資源とすることが可能な戦略です。

新規事業や市場への参入、企業グループの再編、事業統合、経営が不振な企業の救済など様々な目的で実施されます。
  • 「選択と集中」の説明です。
  • ベンチマーキングの説明です。
  • 正しい。M&Aの説明です。
  • 事業ポートフォリオ分析の説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop