ビジネス戦略と目標・評価 (全15問中3問目)

No.3

ITベンダにおけるソリューションビジネスの推進で用いるバランススコアカードの,学習と成長のKPIの目標例はどれか。ここで,ソリューションとは"顧客の経営課題の達成に向けて,情報技術と専門家によるプロフェッショナルサービスを通して支援すること"とする。
  • サービスを提供した顧客に対して満足度調査を行い,満足度を5段階評価で平均3.5以上とする。
  • 再利用環境の整備によってソリューション事例の登録などを増やし,顧客提案数を前年度の1.5倍とする。
  • 情報戦略のコンサルティングサービスに重点を置くために,社内要員30名をITのプロフェッショナルとして育成する。
  • 情報戦略立案やシステム企画立案に対するコンサルティングの受注金額を,全体の15%以上とする。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H27春期 問65

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » ビジネス戦略と目標・評価

正解

解説

バランススコアカードは、企業のビジョンと戦略を実現するために、「財務」「顧客」「業務プロセス」「学習と成長」という4つの視点から業績を評価・分析する手法です。

"学習と成長"は、企業のビジョンを達成するために組織や個人がどのように変化(改善)し、能力向上を図るかを表す視点なので、人材育成を目標とする「ウ」が適切です。
  • 顧客の視点での目標例です。
  • 内部ビジネスプロセスの視点での目標例です。
  • 正しい。学習と成長の視点での目標例です。
  • 財務の視点での目標例です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop