アルゴリズム (全82問中49問目)

No.49

次の流れ図において,ステップS4でYesと判断したときまでの,ステップS1〜S4の実行回数をそれぞれn1〜n4とする。n1〜n4の間に成立する式はどれか。
13.gif/image-size:184×229
  • n4=n1+n2+n3
  • n4=n1+n2−n3
  • n4=n1−n2+n3
  • n4=−n1+n2+n3
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H15春期 問14

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » アルゴリズム

正解

解説

まずS1〜S4までを1回ずつ実行した次のケースを考えてみます。
13_1.gif/image-size:184×229
  • 1=1+1+1 で成立しません。
  • 1=1+1−1 で成立します。
  • 1=1−1+1 で成立します。
  • 1=−1+1+1 で成立しません。
この時点で「ア」「エ」は検討対象から除外して残った「イ」「ウ」の検証を続けます。
「イ」と「ウ」で異なる部分は"+n2−n3"と"−n2+n3"だけで、n2とn3の実行回数が同じ時には2つの式の結果に違いが現れないため、n2とn3が異なる実行回数をとる次のようなケースで検証を行います。
13_2.gif/image-size:184×229
  • 「イ」2=1+0−1 で成立しません。
  • 「ウ」2=1−0+1 で成立します。
したがってn1〜n4の間に成立する式は「n4=n1−n2+n3」とわかります。

© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop