アルゴリズム (全82問中58問目)

No.58

2整数X,Yをキーとするデータを,ハッシュ関数h(X,Y)を使って,要素数256の1次元配列に格納する。Xは値1〜256を一様にとり,Yは値1〜16を一様にとる。ハッシュ関数として最も不適切なものはどれか。ここで,N=256であり,A mod BはAをBで割った剰余を表す。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H17春期 問12

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » アルゴリズム

正解

解説

  • X=1〜256,N=256でハッシュ関数からの戻り値は0〜255になるため適切です。
  • 正しい。Y=1〜16,N=256でハッシュ関数からの戻り値は1〜16になります。要素数256の配列の1〜16までしか利用されないことになるので不適切です。
  • (X+Y)=2〜272でハッシュ関数からの戻り値は0〜255になるため適切です。
  • (X×Y)=1〜4096でハッシュ関数からの戻り値は0〜255になるため適切です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop