アルゴリズム (全82問中71問目)

No.71

ハッシュ法によるデータ編成法において,レコード値が図のような分布にしたがって発生する場合,シノニムの発生を最少とするハッシュアドレス(ハッシュした結果のアドレス値)の分布として適切なものはどれか。
28.gif/image-size:194×105

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » アルゴリズム

正解

解説

ハッシュ法は、キー値にハッシュ関数を適用することで得られるハッシュ値を格納アドレスとして使用する方法です。この方法において異なるキー値から同一のアドレス値が求められ、格納アドレスが競合してしまうことをシノニムといいます。

シノニムの発生を最小に抑えるためには、キー値から算出されるハッシュ値が偏りのない一様分布であることが理想的です。したがって適切な分布は「ア」になります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop