技術開発戦略の立案 (全12問中12問目)

No.12

TLO(Technology Licensing Organization)法に基づき,承認又は認定された事業者の役割として,適切なものはどれか。
  • 企業からの委託研究,又は共同研究を受け入れる窓口として,企業と大学との調整を行う。
  • 研究者からの応募に基づき,補助金を支給して先進的な研究を発展させる。
  • 大学の研究成果を特許化し,又は企業への技術移転を支援し,産学の仲介役を果たす。
  • 民間企業が保有する休眠特許を発掘し,他企業にライセンスして活用を図る。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H21春期 問71

分類

ストラテジ系 » 技術戦略マネジメント » 技術開発戦略の立案

正解

解説

TLO法は、正式名称を「大学等における技術に関する研究成果の民間事業者への移転の促進に関する法律」といい、大学や国の試験研究機関等における技術に関する研究成果の効率的な技術移転を促進することにより、新たな事業分野の開拓、産業技術の向上、大学等の研究活動の活性化を図り、我が国の産業構造の転換の円滑化、国民経済の健全な発展、学術の進展に寄与することを目的としています。

文部科学省および経済産業省にて特定大学技術移転事業計画の承認を得た企業は、計画に係る資金面での優遇措置や特許料等の減免措置を受けることできます。承認された企業は大学における技術に関する研究成果(特許権等)の民間企業への技術移転を支援する、産学の仲介役としての役割を果たすことになります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop