e-ビジネス (全18問中12問目)

No.12

e-ビジネス分野で提唱されているロングテールの考え方を説明したものはどれか。
  • 売れ筋商品に絞り込んで販売するのではなく,多品種少量販売によって大きな売上や利益を得ることができる。
  • 業界標準を確立した製品・サービスは生産規模が2倍になると生産量が更に向上し,収益が2倍以上になる。
  • 全体の2割の優良顧客が全体の売上の8割を占め,全商品の上位2割が8割の売上を占める。
  • 利用者が増えるほど,個々の利用者の便益が増加し,その結果,ますます利用者が増えることで寡占化が進む。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » e-ビジネス

正解

解説

ロングテールは、膨大な商品を低コストで扱うことできるインターネットを使った商品販売において、実店舗では陳列されないような販売機会の少ない商品でも数多くそろえることで十分な売上を確保できるという経済理論です。

一般に商品の売上は「全体の2割の優良顧客が全体の売上の8割を占め,全商品の上位2割が8割の売上を占める。」というパレートの法則に従うので、実店舗では売場面積や物流などの問題から上位20%の商品を優先的に販売することになります。
しかし、インターネット販売では従来の小売店販売面積の制約に縛られず、商品をデータベースに登録するだけで膨大な商品点数を揃えることができます。この商品点数の多さを活かし、小さいけれども確かにある販売機会を大量に集めることで、実店舗では実現不可能部分で大きな売上が生じるという現象が起こります。

このようなビジネスモデルを説明するときに使われるのがロングテール理論です。

名前の由来ですが、販売数を縦軸、商品を横軸にして、売上額が多い商品順に並べたパレート図を作成すると、販売機会の少ない商品群が低く状態で右に延びた形状になります。この右に延びた部分が恐竜の尻尾(tail)のような見た目であることから「ロングテール」を呼ばれています。
73.gif/image-size:326×176
  • 正しい。ロングテールの説明です。
  • 収穫逓増の法則の説明です。
  • パレートの法則または80:20の法則の説明です。
  • 市場経済の法則の説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop