産業機器 (全2問中1問目)

No.1

IoTの技術として注目されている,エッジコンピューティングの説明として,適切なものはどれか。
  • 演算処理のリソースを端末の近傍に置くことによって,アプリケーション処理の低遅延化や通信トラフィックの最適化を行う。
  • データの特徴を学習して,事象の認識や分類を行う。
  • ネットワークを介して複数のコンピュータを結ぶことによって,全体として処理能力が高いコンピュータシステムを作る。
  • 周りの環境から微小なエネルギーを収穫して,電力に変換する。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » 産業機器

正解

解説

エッジコンピューティングは、利用者や端末と物理的に近い場所に処理装置を分散配置して、ネットワークの端点でデータ処理を行う技術の総称です。処理装置をクラウド上に配置する従来の方式よりも、端末と処理装置の距離が短縮されるので通信遅延とネットワーク負荷を低減できる効果があります。高いリアルタイム性が求めれられるIoTを実現する技術として注目されています。
  • 正しい。エッジコンピューティングの説明です。
  • 機械学習の説明です。
  • グリッドコンピューティングの説明です。
  • エネルギーハーベスティングの説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop