会計・財務 (全30問中13問目)

No.13

サーバ機器(取得価額800千円,耐用年数5年)を3年間利用した後に115千円で売却したときの固定資産売却損は何千円か。ここで,減価償却は定額法で行うものとし,残存価額は0円とする。また,機器の購入及び売却時期は全て期首であるとみなす。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

定額法による減価償却額は、

 (取得原価−残存価額)÷耐用年数

で計算できるので、サーバ機器の場合は、

 (800−0)÷5=160

減価償却額は160千円になります。ちょうど3年間使用後のサーバ機器の帳簿価額は、

 800−160×3=320

320千円です。売却額は115千円なので帳簿価額との差額である「205千円」が固定資産売却損として計上されることになります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop