会計・財務 (全30問中7問目)

No.7

表から,卸売業A社と小売業B社の財務指標を比較したとき,卸売業A社について適切な記述はどれか。
76.gif/image-size:299×132
  • 売上高,総資産の額がともに低く,総資産回転率も低い。
  • 売上高営業利益率が高く,総資産営業利益率も高い。
  • 営業利益,総資産の額がともに低く,総資産営業利益率も低い。
  • 総資産回転率が高く,総資産営業利益率も高い。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

まず、設問に登場する財務指標「総資産回転率」と「総資産営業利益率」及び「売上高営業利益率」について確認します。
総資産回転率
資産をどれだけ有効に活用して売上を上げているかを表す財務指標で、以下の式で算出される。
 売上高÷総資産
総資産営業利益率(ROA)
保有する資産に対してどれだけの利益を上げているかを表す財務指標で、以下の式で算出される。
 営業利益÷総資産
売上高営業利益率
売上高に対してどれだけの利益を上げているかを表す財務指標で、以下の式で算出される。
 営業利益÷売上高
上記の式を用いてA社、B社の財務指標を計算すると以下のようになります。

[A社]
総資産回転率:800÷100=800%
総資産営業利益率:20÷100=20%
売上高営業利益率:20÷800=2.5%

[B社]
総資産回転率:1,000÷900≒111%
総資産営業利益率:90÷900=10%
売上高営業利益率:90÷1,000=9%

計算した値をもとに選択肢の記述を検証します。
  • 総資産回転率は、A社の方が高いため誤りです。
  • 売上高営業利益率は、B社の方が高いため誤りです。
  • 総資産営業利益率は、A社の方が高いため誤りです。
  • 正しい。総資産回転率と総資産営業利益率の両方がA社>B社となっています。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop