プロセッサ (全52問中15問目)

No.15

100MIPSのCPUで動作するシステムにおいて,タイマ割込みが1ミリ秒ごとに発生し,タイマ割込み処理として1万命令が実行される。この割込み処理以外のシステムの処理性能は,何MIPS相当になるか。ここで,CPU稼働率は100%,割込み処理の呼出し及び復帰に伴うオーバヘッドは無視できるものとする。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » プロセッサ

正解

解説

MIPS(million instructions per second)は、1秒間の命令実行回数を百万単位で表すCPU性能の指標です。

まず、タイマ割込みによる命令実行回数を計算します。
タイマ割込みは1ミリ秒ごとに発生するので、1秒間に1000回のタイマ割込みが発生します。それぞれ1万命令が実行されるので、1秒間のタイマ割込みによる命令実行回数は、

 1000×10000=10百万回

100MIPSのCPUは1秒間に100百万回の命令を実行できますが、そのうち10百万回はタイマ割込みによって消費されるので、タイマ割込み以外の実行回数命令数は

 100−10=90百万命令

したがって処理性能は90MIPSになります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop