メモリ (全50問中25問目)

No.25

SRAMと比較した場合のDRAMの特徴はどれか。
  • SRAMより高速なアクセスが実現できる。
  • データを保持するためのリフレッシュ動作が不要である。
  • 内部構造が複雑になるので,ビット当たり単価が高くなる。
  • ビット当たりの面積を小さくできるので,高集積化に適している。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

  • アクセス速度はSRAMに劣ります。
  • DRAMは蓄えた電荷で情報を保持するコンデンサによって記憶を行います。コンデンサに蓄えた電荷は時間がたつと失われてしまうためにリフレッシュ操作を随時行う必要があります。
  • SRAMの特徴です。DRAMはSRAMよりもビット当たりの単価が安くなります。
  • 正しい。高集積化に適しているので主記憶として使用されています。
 SRAM=少量・高速・単価が高い→キャッシュメモリ
 DRAM=高集積化・単価が安い→主記憶
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop