入出力デバイス (全12問中3問目)

No.3

DMAの説明として,適切なものはどれか。
  • CPUが磁気ディスクと主記憶とのデータの受渡しを行う転送方式である。
  • 主記憶の入出力専用アドレス空間に入出力装置のレジスタを割り当てる方式である。
  • 専用の制御回路が入出力装置や主記憶などの間のデータ転送を行う方式である。
  • 複数の命令の実行ステージを部分的にオーバラップさせて同時に処理し,全体としての処理時間を短くする方式である。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H23秋期 問13
  • ソフトウェア開発技術者 H19春期 問21

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » 入出力デバイス

正解

解説

DMA(Direct Memory Access)は、コンピュータと周辺機器とデータのやり取りを制御する伝送路のことで、Direct Memory Accessの名の通り、入出力装置がCPUを介さずにメモリとの間で直接データを転送する方式です。
CPUが入出力装置の制御を行わなくてもよいため、データ転送中も別の処理を行うことが可能になります。
  • 直接制御方式の説明です。
  • メモリマップドI/Oの説明です。
  • 正しい。DMA方式の説明です。
  • パイプライン制御の説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop