入出力デバイス (全12問中6問目)

No.6

USB2.0の特徴として,適切なものはどれか。
  • CPUと内蔵磁気ディスクドライブ,DVDドライブなどを接続するためのATAインタフェース規格の一つである。
  • PCと磁気ディスク装置などを接続するためのインタフェース規格の一つであり,別名FireWireとも呼ばれている。
  • データ転送速度が最大のモードは,ハイスピードモードである。
  • データ転送速度が最大のモードは,フルスピードモードである。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » 入出力デバイス

正解

解説

USB(Universal Serial Bus)には1.0〜3.0の規格があり、それぞれに特徴があります。
この問題では、データ転送速度のモード名や他のインターフェイス規格との違いについての知識があるかを問われています。

USB1.0〜3.0それぞれの最大転送速度とモード名は以下の通りです。
  • USB1.0 :フルスピードモード(12Mbps)
  • USB2.0 :ハイスピードモード(480Mbps)
  • USB3.0 :スーパースピードモード(5Gbps)
つまりUSB2.0の特徴として適切なのは、「ウ」の記述です。
  • シリアルATA(SATA)の説明です。
  • IEEE1394の説明です。
  • 正しい。USB2.0の説明です。
  • データ転送速度が最大のモードが、フルスピードモードであるのは、USB1.0です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop