システムの構成 (全87問中18問目)

No.18

RAID1〜5の各構成は,何に基づいて区別されるか。
  • 構成する磁気ディスク装置のアクセス性能
  • コンピュータ本体とのインターフェイスの違い
  • データ及び冗長ビットの記録方法と記録位置との組合せ
  • 保証する信頼性のMTBF値
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H23特別 問13
  • 基本情報技術者 H21春期 問13

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

RAID(Redundant Arrays of Independent Disks)は、安価な複数台の磁気ディスクを組み合わせて全体として高い信頼性を得る方式です。

RAIDには0〜5のレベルがありますが、その区別は本来のデータとエラー訂正用のデータ(ハミング符号・パリティビット)を、どのように書き込むかによって定義されています。
RAID 0
複数のディスクにデータを分散して書き込むストライピング
RAID 1
2台の磁気ディスクに同じ内容を書き込むミラーリング
RAID 2
ストライピング+エラー訂正用のハミング符号をディスクに書き込む。最少でも5台構成となる。
RAID 3
ストライピング+エラー修正用にパリティビットを1台のディスクに書き込む
RAID 4
RAID3のパリティビットの書き込みをブロック単位で行う。
RAID5
パリティビットもデータと同様に分散して書き込む。
違いをみるとデータおよびエラー訂正用のビットの書き込み方法と位置の組み合わせが異なることがわかるので、正解は「ウ」です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop