システムの構成 (全87問中31問目)

No.31

密結合マルチプロセッサの性能が、1台当たりのプロセッサ性能とプロセッサ数の積に等しくならない要因として、最も適切なものはどれか。
  • 主記憶へのアクセスの競合
  • 通信回線を介したプロセッサ間通信
  • プロセッサのディスパッチ処理
  • 割込み処理
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H19秋期 問29

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

密結合マルチプロセッサシステムは、複数のCPUが主記憶を共有し、単一のOSで制御されるマルチプロセッサシステムです。
14.gif/image-size:200×150
このシステムでは複数のCPUが同じ主記憶を共有するためプロセッサ数が増えると競合が発生し処理効率が悪くなる特徴があります。
したがって性能向上の障壁の要因として適切なのは「主記憶へのアクセスの競合」になります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop