システムの構成 (全87問中69問目)

No.69

3層クライアントサーバシステムの特徴として,適切なものはどれか。
  • GUIツールの利用によって比較的簡単にプログラムを作成でき,プロトタイピング開発やエンドユーザコンピューティングに適する。
  • 各層間の相互依存度が比較的少ないので,開発作業を層ごとに並行して行うことができる。
  • 業務処理とデータベース処理の分離ができないので,クライアント側のアプリケーションの拡張の仕方によってはデータベースアクセス要求が増加し,レスポンスが遅くなる。
  • 業務ロジックに変更が生じた場合,すべてのクライアントにインストールされたプログラムを入れ替える必要がある。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

3層クライアントサーバシステムは、ユーザの入出力を担当するプレゼンテーション層,業務処理に依存するデータ加工を行うファンクション層,データベース処理を行うデータ層の3層に分離したシステムモデルです。
  • RAD(Rapid Application Development)に関する記述です。
  • 正しい。各層は独立性が高いので、修正や追加作業も並行して行うことができます。
  • 業務処理はファンクション層、データベース処理はデータ層に分かれているため互いの処理は分離しています。
  • 各層は分離しているので、業務ロジックの変更(ファンクション層)での変更がクライアント側(プレゼンテーション層)に影響することはありません。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop