システムの構成 (全87問中70問目)

No.70

垂直機能分散システムの特徴のうち,適切なものはどれか。
  • クライアントとサーバの関係のように,プロセッサ間に階層又は従属関係が存在する。
  • システムの効率を向上させるために,同じアプリケーションを実行する幾つかのプロセッサ間で負荷を分散する。
  • 単独でも機能する複数のコンピュータシステムを,ほぼ対等な関係でネットワークに接続し,データを含めて資源を共有する。
  • 負荷を分散させるために,アプリケーションごとに,ネットワーク内のどのプロセッサで実行するかをあらかじめ決めておく。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

分散システムの形態には、階層関係の観点から「水平分散」と「垂直分散」、分散する対象の観点から「機能分散」と「負荷分散」が存在します。
水平分散
同等の関係であるコンピュータ同士で分担処理を行うシステム形態。
垂直分散
クライアントサーバシステムのように、いくつかの階層にわけて一連の処理を分担処理するシステム形態。
機能分散
扱う業務の種類や機能ごとに処理するコンピュータを分けるシステム形態。
負荷分散
同じアプリケーションをいくつかのプロセッサやコンピュータで処理することで処理負荷を分散するシステム形態。
30.gif/image-size:418×160
  • 正しい。垂直機能分散システムの説明です。
  • 水平負荷分散システムの説明です。
  • "対等な関係で"という記述から水平分散システムに関する記述とわかります。
  • 水平機能分散システムの説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop