システムの評価指標 (全67問中22問目)

No.22

コンピュータシステムの信頼性に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • MTBF/(MTBF+MTTR)は,システムが稼働している時間の割合を表す。
  • MTBF−MTTRは,システムが正常であった時間を表す。
  • MTBFは,正常なシステムが運用を開始してから初めて故障が起きるまでの時間を表す。
  • MTTRは,システムの故障が回復した時点から次に故障が起きるまでの平均時間を表す。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

問題文に登場するMTBFMTTRの意味について確認しておきます。
MTBF(Mean Time Between Failures)
システムが修理され正常に稼働し始めてから、次回故障するまでの平均故障間隔のこと。
MTTR(Mean Time To Repair)
平均修理時間のことで、システムの故障を修理するために要した平均時間のこと。
  • 正しい。稼働率は、MTBF/(MTBF+MTTR) の式で求められます。
  • システムが正常であった時間を表すのはMTBFです。
  • MTBFは、平均故障間隔のため「正常稼働→故障」のサイクルを何回か繰り返して算定されます。特に運用開始直後は初期故障期間に当たるため正確なMTBFとは言えません。
  • MTBFを説明した文です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop