オペレーティングシステム (全95問中55問目)

No.55

主記憶割当てのアルゴリズムが最初適合(first fit)である可変区画方式において,次の条件で領域を要求した場合,割り当てた後の空き領域のリストはどのようになるか。ここで,領域の大きさの単位はkバイトである。

〔条件〕
  • 現在の空き領域のリストは200,100,160,140,130である。
  • 要求する大きさは,順に90,130,140,100である。
  • 要求する大きさを上回る空き領域を確保したときは,余った領域を,リストの最後に追加する。
  • そのほかの条件は考慮しないものとする。
  • 100,110,30
  • 130,110,30
  • 160,110
  • 200,10,60

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

ファーストフィット方式は、空き領域割り当てを制御するアルゴリズムの1つで、空きブロックをメモリの先頭から検索していき、要求サイズ以上の空きブロックが見つかった時点でそれを割り当てていく方式です。

設問の条件にしたがって割り当てていくと、各区画の空き領域は以下のように遷移していきます。

[初期状態]
26_1.gif/image-size:365×59
[90を割り当て]
26_2.gif/image-size:365×59
[130を割り当て]
26_3.gif/image-size:365×59
[140を割り当て]
26_4.gif/image-size:365×59
[100を割り当て]
26_5.gif/image-size:365×59
上記の通り、最終的な空き領域のリストは「130,110,30」になります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop