オペレーティングシステム (全95問中57問目)

No.57

マイクロカーネルアーキテクチャを採用したOSの特徴として,適切なものはどれか。
  • OSが,最小限の機能をもつ中核部分と,それ以外のサブシステムからなる。
  • OS全体が単一のスレッドとして構成されている。
  • OS内のモジュール間の依存関係が複雑に構成されている。
  • OSの基本的な部分がマイクロプログラムの組合せで構成されている。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

カーネル(Kernel)とは、OSの中で中核をなす機能を担う部分のことでスーパバイザプログラムとも呼ばれます。

マイクロカーネルアーキテクチャとは、OSが提供する機能をメモリ管理やタスク管理など最小限の機能に絞り、他の機能はサーバプロセスとして実現する設計手法です。

マイクロカーネルとは逆にカーネル自体に多機能を持たせたものをモノシリックカーネルという。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop