オペレーティングシステム (全95問中76問目)

No.76

TSSのタイムクウォンタムを短くした場合,OSとアプリケーションのCPUの使用割合とアプリケーション処理の即時性はどうなるか。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

TSS(Time Sharing System,タイムシェアリングシステム)では、実行可能状態となった順に従い、一定時間ごとに各タスクを切り替えながら処理を行っていくタスクスケジューリング方式です。
タイムクウォンタムとは、 この方式においてタスクを切り替える時間間隔(各タスクに与えられるCPU時間)です。

タスクを切り替える際には、CPUの割り当て,プログラムの実行に必要なレジスタやカウンタ群のデータ切替えなどOS側でのタスク切り替え処理が必要になります。タイムクウォンタムを短くするほどタスクの切替え回数は増加するため、OS処理時間の割合が増加します。

またタイムクウォンタムが短いほど、処理待ち時間が短縮されるためアプリケーション処理がリアルタイムで行われているように見えます。

したがってCPUの使用割合は「OSの割合が増加する」、アプリケーションの即時性は「良くなる」が適切です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop