オペレーティングシステム (全95問中79問目)

No.79

タスクが実行状態(RUN),実行可能状態(READY),待ち状態(WAIT)の三つの状態で管理されるリアルタイムOSにおいて,三つのタスクA〜Cの状態がプリエンプティブなスケジュールによって,図に示すとおりに遷移した。各タスクの優先度の関係のうち,適切なものはどれか。ここで,優先度の関係は,"高い>低い"で示す。
27.gif/image-size:435×100
  • タスクA>タスクB>タスクC
  • タスクB>タスクA>タスクC
  • タスクB>タスクC>タスクA
  • タスクC>タスクB>タスクA
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H15春期 問27

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

次の図を見ながら流れを確認します。
27a.gif/image-size:435×92
  • まず開始直後は、タスクB,Cが待ち状態から始まり、CPU処理から始まるのはタスクAだけなのでCPU使用権はタスクAに与えられます。(上図の@)
  • タスクAが持ち状態になると、タスクB,Cが同時に実行可能状態になりますが、実行されているのはタスクBです。このことから優先度はB>Cとわかります。(上図のA)
  • その後タスクA,Cの両方が実行可能状態となるのが上図のBですが、実行されているのはタスクCです。このことから優先度はC>Aとわかります。
以上のことをまとめると優先度の高低は「B>C>A」が適切です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop