ミドルウェア (全6問中5問目)

No.5

J2EE(Java 2 Platform, Enterprise Edition)の構成技術の一つはどれか。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H16春期 問47

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » ミドルウェア

正解

解説

J2EEは、Java言語の標準機能(API)をまとめたJ2SE(バージョン5.0以降はJavaSE)に、サーバサイドでのアプリケーション構築に必要となる機能をまとめたものです。

以下にJ2EEに含まれるAPI群を示します。
JDBC
データベースアクセス
EJB(Enterprise JavaBeans)
ビジネス・ロジックのコンポーネント
Servlet
Webアプリケーション
JSP(JavaServer Pages)
Webアプリケーション
JMS(Java Message Service)
メッセージ・サービス
JTA(Java Transaction API)
トランザクション制御
JavaMail
メール・アプリケーション
JAF(JavaBeans Activation Framework)
Java Beansの拡張
JAXP(Java API for XML Processing)
XMLパーサー
JAAS(Java Authentication and Authorization Service)
ユーザー認証/承認
したがって構成技術として適切なのは「Servlet」になります。
  • Enterprise Application Integrationの略。企業内における多種多様なコンピュータシステム群を連携させ、データやビジネスプロセスを効率的に統合する機能やそれらを行うミドルウェア・アプリケーションのことです。
  • JavaScriptは、主にユーザの動きに反応する動的なWebページの構築のためにHTML内に記述され、ブラウザ上で実行されるスクリプト言語です。
  • 正しい。
  • Universal Description, Discovery and Integrationの略。Webサービス公開者が公開UDDIレジストリにWebサービス情報を登録し、利用者はUDDIレジストリを検索し目的のWebサービスを探し出すことができるWebサービス用の検索システムです。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop