オープンソースソフトウェア (全14問中4問目)

No.4

GPLの下で公開されたソフトウェアを改変・頒布する場合に行わなければならないことはどれか。
  • 初期開発者名の表示
  • 同一ライセンスでの頒布
  • プログラムの保証
  • 無償での頒布

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オープンソースソフトウェア

正解

解説

GPL(General Public License)は、GNUプロジェクトのためにリチャード・ストールマンにより作成されたフリーソフトウェアライセンスで、プログラムの複製物の所持者に対して以下のことを許諾します。
  1. プログラムの実行
  2. プログラムの動作を調べ、それを改変すること
  3. 複製物の再頒布
  4. プログラムを改良し、改良を公衆にリリースする権利
BSDライセンスなどの他のフリーソフトウェアライセンスとの違いは、GPLが「二次的著作物についても、上記の4点の権利を保護する」という強力なコピーレフトを付与する点です。つまりGPLライセンスされた著作物をもとに作成された二次著作物を頒布する際には、同じGPLライセンスを選択する義務が生じることを意味しています。

したがってGPLの下で公開されたソフトウェアを改変・頒布する場合に行わなければならないこととしては「同一ライセンスでの頒布」が適切となります。

コピーレフト(copyleft)…
著作権 (copyright) に対する考え方で、著作権を保持したまま、二次的著作物も含めて、すべての者が著作物を利用・再配布・改変できなければならないという考え方
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop