ハードウェア (全64問中1問目)

No.1

RFIDの活用事例として,適切なものはどれか。
  • 紙に印刷されたディジタルコードをリーダで読み取ることによる情報の入力
  • 携帯電話とヘッドフォンとの間の音声データ通信
  • 赤外線を利用した近距離データ通信
  • 微小な無線チップによる人又は物の識別及び管理
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H23秋期 問24
  • 基本情報技術者 H28春期 問22

分類

テクノロジ系 » ハードウェア » ハードウェア

正解

解説

RFID(Radio Frequency IDentification)は、ID情報を埋め込んだRFタグ(ICタグ)と電磁界や電波を用いることで、数cm〜数mの範囲で情報のやり取りを行う技術です。

特徴として「見えなくても読める」ことが挙げられ、RFタグが目に見えない隠れた位置にあっても、タグ表面がホコリ、泥などで汚れていても読み取り可能です。この利点を活かし乗車カード(Suica, PASMOなど)以外に、電子荷札や野生動物の調査,家畜の管理などに利用されています。
  • OMR(Optical Mark Reader,光学式マーク読取装置)やバーコードリーダの活用事例です。
  • Bluetoothの活用事例です。
  • IrDA(Infrared Data Association)の活用事例です。
  • 正しい。RFIDの活用事例です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop