ハードウェア (全64問中18問目)

No.18

ディジタルシグナルプロセッサ(DSP)の特徴として,適切なものはどれか。
  • シリアル入出力ポートに誤り訂正機能を内蔵しているので,通信制御に適している。
  • 積和演算などの機能を内蔵しているので,ディジタルフィルタを実現するのに適している。
  • 多チャンネルのA/D変換器と大容量の記憶メモリを内蔵しているので,温度を測定し,記録するのに適している。
  • ベクトル演算機能を内蔵しているので,多数のパラメタを同時に扱う科学技術計算などの大規模な数値計算に適している。

分類

テクノロジ系 » ハードウェア » ハードウェア

正解

解説

DSP(Digital Signal Processor)は、主にリアルタイムコンピュータで使用される、ディジタル信号処理に特化したプロセッサです。
DSPは主に画像処理・音声処理などのディジタル信号処理アルゴリズムの計算処理で使われます。これらの処理では大量のデータに対して規定時間内に素早く演算を行う必要があるため、専用のハードウェアであるDSPが用いられます。

特徴として、積和演算を高速に実行できるように高速乗算器を持つことが挙げられます。FIRフィルタや高速フーリエ変換 (FFT) といったディジタル信号処理では、積和演算の性能が非常に重要になってくるためです。

DSPの用途を考えると適切な記述は「イ」とわかります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop