ヒューマンインタフェース技術 (全14問中7問目)

No.7

Webページの設計の例のうち,アクセシビリティを高める観点から最も適切なものはどれか。
  • 音声を利用者に確実に聞かせるために,Webページの表示時に音声を自動的に再生する。
  • 体裁の良いレイアウトにするために,表組みを用いる。
  • 入力が必須な項目は,色で強調するだけでなく,項目名の隣に"(必須)"などと明記する。
  • ハイパリンク先の内容が予測できるように,ハイパリンク画像のalt属性にリンク先のURLを付記する。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H23特別 問26
  • 応用情報技術者 H27春期 問24
  • 応用情報技術者 H28秋期 問24
  • 応用情報技術者 H30春期 問24

分類

テクノロジ系 » ヒューマンインタフェース » ヒューマンインタフェース技術

正解

解説

アクセシビリティとは、高齢者・障害者を含む誰もが、さまざまな製品や建物やサービスなどを支障なく利用できるかどうか、あるいはその度合いのことです。
Webページにおいては、そのページが、高齢者や障害者も含めた、誰もが情報を取得・発信できるように柔軟に設計されていて、アクセスした誰もが同様に情報を共有できるか、あるいはその度合いを意味します。
  • 聴覚にハンデキャップのある人にとっては、音声の再生を認識できません。さらに、突然音が鳴るとビックリしてウィンドウを閉じてしまうユーザもいるので、ユーザビリティの面からみても不適切です。
  • Webデザインにおける表組みとは、本来は表を定義するためのtableタグを入れ子にして、その中にコンテンツを配置していく手法です。表組みは初心者でもレイアウト崩れが少なく、以前は慣用的にレイアウト手法として使用されていました。しかし表組みは、視覚に障害のある人がWebを閲覧するのに使用する音声読み上げブラウザにおいて、コンテンツが正しい順序で読み上げられないという弊害が生じる可能性があり、アクセシビリティの面から推奨されていません。
  • 正しい。Webサイトを閲覧するユーザの中には、色弱や色盲といった障害を抱える人もいます。必須項目と任意項目が色だけで分類されていた場合、これらの人々には違いを認識することができません。色だけに頼らず文字によっても項目を分類することで、より高いアクセシビリティが望めます。
  • alt属性は、そのタグ内容を表す文字情報を指定する属性です。英数字や記号の羅列であるURLでは、閲覧したユーザがリンク先ページの内容がどのようなものか想像することができません。音声読み上げブラウザでは画像の代わりにalt属性の情報が読み上げられるため、URLではなく具体的なリンク先ページの内容をalt属性に指定することが望ましいです。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop