HOME»【ラ】からはじまるキーワード(5語)

【ラ】からはじまるキーワード(5語)

ライトスルー方式 write through
キャッシュメモリと主記憶の同期をとるための書き込み方式で、CPUから書き込む命令が出たときにキャッシュメモリと同時に主記憶にも書き込む方式。
データの整合性は得られるが処理速度は低下する。
IPFEAP テクノロジ系
ライトバック方式 write back
キャッシュメモリと主記憶の同期をとるための書き込み方式で、CPUから書き込む命令が出たときにキャッシュメモリだけに書き込む方式。
主記憶への書き込みはキャッシュメモリからデータが追い出されるときに行われる。
IPFEAP テクノロジ系
ライン生産方式 
同じ製品をロットと呼ばれる単位で生産する方式。一度に大量に生産することで製品1つあたりに要する段取り時間を少なくすることができる。
IPFEAP ストラテジ系
ラウンドロビン 
レビュー参加者が持ち回りで責任者を務めながらレビューを遂行していく手法。参加者の意欲が高まる効果が期待できる。
FEAP テクノロジ系
ラウンドロビンスケジューリング 
実行可能状態となった順に従ってタスクに一定のCPU時間(タイムクウォンタム)を与えていくタスクスケジューリング方式。一定時間内に処理が終わらなかったタスクは、実行可能状態の待ち行列の最後尾に移され、次にCPU使用権が与えられるまでの間は待ち状態となる。
時間単位でタスクの切り替えが行われ、各タスクに均等にCPU時間が与えられるためタイムシェアリングシステムに適している。
FEAP テクノロジ系
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop