データ通信と制御 (全38問中15問目)

No.15

LAN間接続装置に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • ゲートウェイは,OSI 基本参照モデルにおける第1〜3層だけのプロトコルを変換する。
  • ブリッジは,IP アドレスを基にしてフレームを中継する。
  • リピータは,同種のセグメント間で信号を増幅することによって伝送距離を延長する。
  • ルータは,MAC アドレスを基にしてフレームを中継する。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H13春期 問65
  • 基本情報技術者 H18秋期 問57
  • 基本情報技術者 H24春期 問35
  • 基本情報技術者 H27春期 問33
  • 基本情報技術者 H30秋期 問32

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » データ通信と制御

正解

解説

  • ゲートウェイは、OSI基本参照モデルの全階層(主に4層より上)を解釈し、ネットワークの接続を行う機器です。
  • ブリッジは、データリンク層に位置し、ネットワークに流れるフレーム(パケット)のMACアドレスを認識して通信を中継する装置です。
  • 正しい。リピータは、物理層に位置し、ネットワークを流れる電流の増幅や整流を行う機器です。
  • ルータは、ネットワーク層に位置し、ネットワークに流れるパケットのIPアドレスをもとに通信制御をおこなう機器です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop