データ通信と制御 (全38問中30問目)

No.30

LANのアクセス制御方式であるCSMA/CD方式に関する説明として,適切なものはどれか。
  • 送出した信号の衝突を検知した場合は,ランダムな時間の経過後に再送信する。
  • 送信権を与えるメッセージ(フリートークン)を得たノードがデータを送信する。
  • ディジタル信号をアナログ信号に変換(変調)して通信を行う。
  • 転送する情報を,セルと呼ばれる固定長のブロックに分割して転送する。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » データ通信と制御

正解

解説

  • 正しい。CSMA/CDに関する記述です。
  • トークンパッシング方式に関する記述です。
  • モデムなどに関する記述です。
  • ATM(Asynchronous Transfer Mode)に関する記述です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop