ネットワーク管理 (全6問中5問目)

No.5

図で示したネットワーク構成において、アプリケーションサーバA上のDBMSのデーモンが異常終了したという事象とその理由を、監視サーバXで検知するのに有効な手段はどれか。
60.gif/image-size:323×66
  • アプリケーションサーバAから監視用サーバXへのICMPあて先到達不能(Destination Unreachable)メッセージ
  • アプリケーションサーバAから監視用サーバXへのSNMP Trap PDU
  • 監視サーバXからアプリケーションサーバAへのfinger
  • 監視サーバXからアプリケーションサーバAへのping
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H24春期 問35
  • ソフトウェア開発技術者 H17春期 問59

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク管理

正解

解説

  • Destination Unreachableは、送信したパケットが宛先に到達不能であったことを発信元に通知するICMPプロトコルのエラーメッセージです。デーモンが異常終了してもアプリケーションサーバAは稼働を続けているためDestination Unreachableを監視しても検知することはできません。
  • 正しい。SNMPトラップは、SNMPエージェント(サーバA)からSNMPマネージャ(サーバX)に障害発生などのイベントの発生を通知するコマンドです。監視用サーバXではアプリケーションサーバAのSNMPトラップを監視することで管理情報の変化を検知することが可能になります。
  • fingerはネットワーク上のユーザ(コンピュータ)情報を得るためのコマンドです。
  • pingはIPネットワークにおいて対象の端末にパケットを送信し正しく届くかを確認するためのコマンドです。アプリケーションサーバAにpingを送信してもサーバは稼働を続けているため正当な応答(Echo Reply)が返ってくるだけでデーモンの異常終了を検知することはできません。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop