情報セキュリティ (全104問中4問目)

No.4

楕円曲線暗号に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • AESに代わる共通鍵暗号方式としてNISTが標準化している。
  • 共通鍵暗号方式であり,ディジタル署名にも利用されている。
  • 公開鍵暗号方式であり,TLSにも利用されている。
  • 素因数分解問題の困難性を利用している。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

楕円曲線暗号は、楕円曲線の点の演算を用いた公開鍵暗号方式です。楕円曲線によって定義された有限可群上の離散対数問題を解く際の計算量の多さを安全性の根拠とし、同じ強度を想定した場合、RSAより鍵長を短くできる利点があります。
  • 楕円曲線暗号は公開鍵暗号方式です。
  • 楕円曲線暗号はディジタル署名のアルゴリズム"ECDSA"として利用されています。しかし、共通鍵暗号方式ではないので記述は誤りです。
  • 正しい。認証及び鍵交換のアルゴリズムとしてTLSで利用されています。
  • RSAの説明です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop