情報セキュリティ (全101問中75問目)

No.75

公開鍵暗号方式を採用した電子商取引において,認証局(CA)の役割はどれか。
  • 取引当事者の公開鍵に対するディジタル証明書を発行する。
  • 取引当事者のディジタル署名を管理する。
  • 取引当事者のパスワードを管理する。
  • 取引当事者の秘密鍵に対するディジタル証明書を発行する。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H28春期 問39

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

認証局(Certificaion Authority:CA)は、公開鍵暗号方式を用いたデータ通信において、利用者(主にサーバ)の公開鍵の正当性を保証するためのディジタル証明書を発行する第三者機関です。したがって正解は「ア」です。

また認証局はディジタル証明書を発行する以外にも、PKI(公開鍵基盤)における次の役割を担っています。
  • CRL(証明書失効リスト)を発行する
  • CPS(認証局運用規定)を公開する
  • ディジタル証明書を検証するための認証局の公開鍵を公開する
  • 認証局の秘密鍵を厳重に管理する
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop